みたらしのウェルダン下さい

先日食べたみたらしが柔らかかったのです。どれくらい軟らかいかというと、月見団子ぐらい。歯にべったりと引っ付く柔らかさだ。ひとまず火を通じているわけですから、火においてない団子と同じじゃよくないとおもうわけですよ。とはいっても、焼き度合はおストアの持ち味があるからね。買ったのがはからずも瑞々しいおストアだったのかなと思ってしめチャレンジ。そしたら二軒眼のおストアも、一軒眼と同じぐらいの柔らかさ。うーんという考え込んでしまいました。けれども二軒続いて軟らかいということもパーセントチックにないわけじゃないですからね。次は大丈夫だろうと思って違うおストアで買ってみたら、やっぱ軟らかい。三回貫くというこれは最近の風潮なのかなとしてしまいました。今はフード一切柔らかくなっていますからね。肉も野菜も。けれども柔らかければ良いってものじゃないというのです。自分の練り上げる、理想のみたらし団子って、デコレーションはかりっとしていて、噛むと少しハリがあるはなんですが、そういったみたらし団子はとっくに古臭いのかな。串にもよく焦げ目がついてるぐらいのものがいいのですが、どこかにありませんかね? おストアで鋭く焼いてと言えばいいのかもしれませんね。みたらしのウェルダン下さいなんてね。ハプニングバーの攻略法